この記事は
私が
受け取った未来ヴィジョンについて
お伝えしていきます。

どのくらい先になるか
わかりませんが
降りてくるメッセージは
どれも
これから未来
起きるであろう
大切な地球のことばかりです。

目の前の核による死の瞬間


2015年7月
私の視たヴィジョンで
鮮明だったもの
それは
核戦争と死の瞬間でした。

それは
この地球の崩壊・・・。

地上で戦争などが起き
人々は死に絶え
地上のあらゆるものは消滅し
黒くくすんでいるヴィジョンでした。

まるで
SF映画のように
信じられないような光景でした。

核による荒廃・・・。
それは
地球全てを
覆いつくす
黒い煙に包まれ
生あるものが
すべて
死に去るということです。

あまりに衝撃的すぎて
その時の自分では
受け入れることができなかったのを
いまでも覚えています。

2015年はアセンションイヤー

2015年というのは
2012年に引き続き
アセンションイヤーとなる年でした。

スターシードたちが目覚め
スターチルドレンたちも
それぞれ
自覚をもって
行動し始めた年として
記憶しています。

ただ
それだけに
この年は
とても世界が混沌としていたのを
覚えています。

この年
私は
天界からのメッセージで
フランスにアセンションための
ライトワークへ赴きました。

フランスでのアセンションライトワーク

フランスでは
多くの町で
ISによるテロ行為が行われていて
たくさんの人の命が奪われていきました。

どうして
この場所で多くの血が
流れる必要があったのでしょう。

それは
この場所に隠された
聖なる力があるからです。


アセンションには
聖なる力が必要になります。

その力の封印解除のために
赴き
愛とともに開かれ
そして
閉ざされていた力が目覚めました。

核を終わらせることが大切です

このアセンションライトワークは
とても特別な意味を持っていました。


それは
アセンションが訪れるとともに
聖なる力として
女性性の封印解除が
この世で導かれていったからです。

核の脅威というのは
”男性性”のエネルギーがもたらすものです。

聖なる女性性のエネルギーが高まることは
対をなす
聖なる男性性のエネルギーが高まることになります。

いずれ
この世界で核戦争が起きるでしょう。


核保有国は
今、5か国
赤い色の
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国。
そして
インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルも
さらに
核開発をしているイランも含まれるでしょう。

青い色は核を保有していない国となります。

日本も今は保有していません。

でもどうでしょうか?

いつの日か
核を持つようになるかもしれません。

日本は核を母なる地球にアンカリングします

核の被害を受けた
被爆国としての日本。

311で
原発事故が起きた日本。

なぜこのように
日本は核の脅威をもたらされているのでしょうか?

日本が
天照大神という女神のエネルギーを
保持しているためとも
超古代文明ムーやレムリア時代の
エネルギーを保持しているためともいわれます。

そのすべては正しいでしょう。

日本は
核の脅威をもたらされているほどに
大変重要なキーを持つ場所といえるのです。

2012年5月5日5時
42年ぶりに日本の
「原子力発電所の稼働が止まる」という瞬間
日本に記念すべき瞬間が訪れました。

その瞬間の祈りは
全ての平和と
エネルギー問題から
解放されるためのものでした。

生きていることは
生活することです。

インターネット
スマホ
SNSなど
IT技術は進化し
息を吸って吐くように
電気のエネルギーが
必要な時代になっています。

原発のウランも
核爆弾のウランも
米国アリゾナ州
ホピ族の守る土地
母なる地球から採取された
同じ物質です。

始まりがあれば
必ず終わりがあります。


それは
ΑΩ(アルファとオメガ)
森羅万象
永遠となるもの

聖なる女性性のエネルギーが高まることは
対をなす
聖なる男性性のエネルギーが高まることなのです。

それがもし
明日でも
後悔しないための
選択をしていかなければいけません。

この地球で

あなたが
この日本に生まれたことは
意味があります。

それは
この地球での
核の意味を考えることです。

そのマザーアースは
この日本につながっています。

地球の中心にある
水晶の鼓動が
核戦争を終わらせる
調和を奏でるのです。

アカデミーメンバー入会無料です。
アカデミーについて

こちらからご登録ください
↓↓↓

これから起きることや
今、大切なこと
シリウスからのメッセージを
メルマガでお伝えしていきます。

メルマガ特典として
メンバー限定メッセージも
ご覧いただけます。

¥366/月(税込) 初月無料!
毎月3日 発行予定です。
↓ぜひご登録下さい