これは
もうすでに動いていることです。

第三次世界大戦は
もう始まっています。

記録として
記憶として
これから起きることとして
「歴史の転換点」という
メッセージをお伝えしています。

天皇の即位と令和時代

2019年
天皇の即位
そして
令和時代が始まりましたね。

平成は
昭和天皇の崩御にあたり
始まりましたが
今回は
譲位ということがありました。

譲位とは
どんなことなのでしょうか?

それは
平成という時代が終わったとき
「これから戦争が始まる」ということです。

いえ
戦争を始めるために
譲位という形をとらせたといえます。

北朝と南朝
今の天皇は
実は南朝の血を引くといわれています。

それは
明治の時代に
天皇がすり替えられたということが
ひそかに行われていました。

そのような陰謀論が
まことしやかにささやかれています。

「田布施システム」。
とても有名ですね。

田布施町出身の
南朝の血を引く
大室寅之祐が
すり替えられて
実は明治天皇になったといわれています。

真相は定かではないと
いわれ続けていますが
単純に紐解いてみると
南朝の血を引く
大室寅之祐であったとしたら
田布施町出身者は
南朝の血を引くと考えても
いいのかもしれませんね。

この場所であることよりも
南朝の血を引くことに
意味があるように思います。

歴代総理に
もし天皇家の血を引くものがいたら・・・?

北朝と南朝

その意味を考えると
これから
その部分が動き始めると感じています。

つまり
北朝に戻そうという動きが出てくるのでは?
と感じています。

日本の皇嗣となられている
秋篠宮殿下の
自らの立皇嗣を国の内外に宣明する一連の儀式
「立皇嗣宣明の儀」は
規模縮小されるどころか
延期となってしまいました。

定かではないですが
コロナ禍の中
皇位継承で「旧宮家復帰」ということが
提案されているようです。

金正恩の崩御

金正恩氏の驚くようなニュースが飛び込んできました。

北朝鮮の最高指導者である金正恩氏が死去した。

4/12
金正恩氏は心臓手術を受けたが
三日後の4/15に死亡したとのことのようですが
父親の代でも
替え玉による動きがあったので
もし亡くなったとしても
おそらく
替え玉によって執務を行われることがありそうですね。

どうでしょうか???

コロナのどさくさに紛れて
国境付近の土地の売買を
急いでいるかもしれませんね。

フォッサマグナの動き

長野県中部の地震が頻発しています。


ここには
大きな断層があり
中央地溝帯(ちゅうおうちこうたい)という
日本ができた時に
折れ曲がり
大きな溝として
地層の部分を指します。

諏訪湖は
長野県の中で
中央に位置し
中央構造線と
フォッサマグナの重なる部分に位置し
諏訪神社に伝わる
奇祭
「御柱祭」は
この地を鎮めるための祭りとして
縄文時代から
行わて来たといわれています。

かつてから
中央構造線上に
位置する
神社が多く
その意味は
地震を鎮めるためと
呼ばれてきました。

歴史は繰り返します。

コロナ禍のため
2022年の
「御柱祭」のための儀式が
中止となるとニュースになっていました。

この地を鎮めるための祭りとして
縄文時代から
行わて来た「御柱祭」が
もし中止となれば・・・。

大地震の予兆はもうすでに
始まっているのかもしれません。

予言は語る

天と地がひっくり返るほどの
大地が割れ裂けるほどの地震

そのような予言が伝わっています。

クリスタルスカルの予言

これから
母なる地球の内側に一大変化があります。

地上の生命の多くが死に
空飛ぶものの間で
疫病が蔓延していきます。

気候が大きく変動し
強風が吹く
家畜の多くが死んでいきます。

水位が上がり
大地が水の底に沈み
大陸が消え、海が地球を覆い

地球が割れる
内部から割れる

地球がばらばらに割れ
割れ目から吹き出したものが地表を覆い
空気中を漂っていきます。

大変動は大洪水を引き起こし
大陸を破壊していきます。

人間の心が分離すること
聖なる生命の絆と
平等が侵されれば
何度でも大洪水は起きます。

この事態は変更できないが
散らすことはできるというのです。

さあ
激動の時代へと
歩み始めているのです。

「シリウスアルケミー」について
「アカデミー」や「セミナー」について
お申込みお問い合わせはこちらまで