この記事は
私が
受け取った未来ヴィジョンについて
お伝えしていきます。

どのくらい先になるか
わかりませんが
降りてくるメッセージは
どれも
これから未来
起きるであろう
大切な地球のことばかりです。

2009日本と朝鮮へのメッセージ

日本や世界が今
戦争へと向かい始めています。

私は
2009年に
「日本が戦争する国になること」
そして
「北朝鮮と韓国の統一ということ」を
メッセージとして伝えられました。

その当時は
まだ
日韓関係が非常に良くて
震災前ということもあり
そのメッセージを信じられず
戦争という言葉すら
恐怖を覚えました。

でもどうでしょうか?

日本と韓国の関係は
悪化をたどり
そして
日本では
武器の輸出がなされるようになり
自衛隊の中東派遣も
すんなりと可決されてしまいました。

たった10年余りで
このように日本が変わってしまったことに
私も非常に驚いています。

”未来ヴィジョン”はアセンションのためのツール

さて
未来ヴィジョンとして
私は
様々なものを視てきました。

それらは
パラレルアースで起きることであったり
実際の
この地球の時間軸で起きることであったり
未来人としての
自分が視てきたことであったりと
あるときふと
降りてくるメッセージばかりです。

それらは
信じられないものばかりですが
しかしながら
はっきりと
この世界は
その道のりを歩んでいくのです。

この未来ヴィジョンは
私に何を問いかけているのか?
とても不思議でした。

それは
私が「シリウスアルケミー」を設立したとき
はっきりとわかったのですが
このヴィジョンを受け取った後に
私が
このヴィジョンで
私が何を
どう行動することができるのか?
ということでした。

過去世アセンション劣等生だった

過去世から
ずっと
私はアセンション劣等生でした。

宇宙人時代も
この地球へ任務を託されて
地球人として生まれても
カルマ大学から卒業できずに
ずっと
同じ苦しみで
クリアできなかったのです。

宇宙時代の
優等生たちは
みな宇宙船や
それぞれの星で
出世しており
夢で魂が戻ると
劣等生の私を
時折温かく見守ってくれています。


レムリア時代は
妖精でしたが
科学の暴走を止められずに
アセンションに失敗し
宇宙へ脱出用のポットで脱走したり
エジプト時代は
神官として
神官同士の暴走を止めらずに
アセンションに失敗し
殺されたり・・・などなど

ありとあらゆる方法で
アセンションのための
工夫をしてきても
けっきょく
アセンションを成功させることが
できなかったのです。

今こそ・・・行動するべきことは?

神の聖なる計画は
シナリオ通りならば
残りの時間は
わずかになります。

私に託された
この7回目の
地球アセンションに対して
私はどんなことができるのか?

そのことを
試されているのです。

私の”ヴィジョン”に
共通していることは
キーワードとして
暴走や暴動が現れるということです。

この出来事があることで
本来は止められたはずのことが
歯止めが利かなくなり
このことで
多くの犠牲が出てしまうということです。

このヴィジョンを共有し
そして
あなたに
メッセージとして伝え
流されずに
しっかりと立ち止まって
考えてもらいたい。

どうすればいいのか?
必要なことを行動に移すこと。

それをするために
”未来ヴィジョン”が
私に問いかけているのです。

”未来ヴィジョン”・・・その1「子どもたちの徴兵」

戦争をする国となった日本では
子どもの徴兵が行われていきます。

これはもしかたら
今や
誰もが思いつくような
ことかもしれませんね。

日本が戦争をすると
子どもたちの徴兵が行われると
2009年からもお伝えしてきました。

これは以前お伝えしたことですが
日本が戦争をする国になると
まず
戦争という言葉が
使われないようになります。

次に
秘密保護として
メディアをチェックして
反乱分子をすべて排除してい行きます。

どんなに検索しても
記事は消されてしまいますし
報道の自由はなくなります。

今や
忖度という言葉で
いわゆる自由を奪っていますね。

私も以前
このワードプレスを使う前の
無料ブログでは
繊細な内容な記事がアップできない
ツイッターでもアップできない状態がありました。

今現在は
全ての記事を
AIで簡単にチェックできるのでしょうから
アップできないような状態は緩和されていますが
反乱分子はマークされているでしょう。

すべては
シャドウガバメントの
思惑通りということでしょうか?

さて
日本が戦争をすると
子どもたちの徴兵が行われるというのは
2017年に行ったイスラエルで観た光景とリンクします。

どんな感じかというと
もうすでに
市民生活でも
自衛隊への距離が近くなっていますが
それ以上に
これから
日常生活の中で
自衛隊員を目にするようになっていきます。

学校では
体育という科目が無くなり
リクリエーションというような科目ができます。

それは防災、防犯ということで
さまざまな訓練をしましょうというものです。

指導してくれるのは
学校の先生ではなく
自衛隊から派遣されてきた
教員資格のある隊員です。

体育は体操着で行いますよね?
でも
これらを行うときは
より防炎性を高めたものと称して
機能性のある作業着のようなものを装着します。

いわゆる軍服ですね。

そして
防災、防犯ということで
日々、訓練を行っていくのです。

ちなみに
アメリカでは
軍人は国を守るヒーローですから
彼らは憧れの存在です。

学校や住居全て無料で
たくさんのお金ももらえるので
志願して軍人になるのです。

日本では
貧困世帯の子どもであれば
家族のために
自衛隊員になるという選択も出てきます。

国を挙げて
いえ
学校でも推薦されるでしょう。

子どもたちが行うよりも
早く
おそらく
民間企業の新入社員研修という形で
リクリエーションをすることもあるでしょう。
(すでに取り入れている企業もあるようですが)

日本を皆で守りましょうとなるのです。

各家庭に核シェルターもない
この国にミサイルがきたらどうするのでしょう?

ミサイル発射から
たった10分で到着するのに
いったい何を守れるというのでしょうか?

この国は
戦後という言葉を使いたがっていて
戦前、戦中のことを
語りたがらないのですが
今のような
時代になると
戦前の日本はよかったと
手のひらを返したように
語り始めます。
(軍国主義に傾き始めている今となっては
もうすでにそうなっている気配がしますが・・・)

そして
ネットで拡散し
子供たちに推奨します。

その言葉を信じていいでしょうか?

戦争など
ずっと時代が変わっても
何一つとして
何も生みません。

兵器は命を奪うもの以外に
何でもないのです。

子どもを守るために
何をするべきか?

親世代は
しっかりと考えて
そして
あなたなら
どうするべきか?
その行動に移してみてください。

アカデミーメンバー入会無料です。
アカデミーについて

こちらからご登録ください
↓↓↓

これから起きることや
今、大切なこと
シリウスからのメッセージを
メルマガでお伝えしていきます。

メルマガ特典として
メンバー限定メッセージも
ご覧いただけます。

¥366/月(税込) 初月無料!
毎月3日 発行予定です。
↓ぜひご登録下さい